設楽大橋

僕は今浜松から飯田方面行くとき三遠南信を通るが、昔は蓬莱から257で北上することが多かった。途中必ず通る大きな橋が設楽大橋だ。この橋が数年後には設楽ダムに沈むので沈む前に写真に収めたかった。。ただかなり交通量が多いところなので早朝しかだめだと今回は早朝に到着した。。新しい道路が浜松側で工事していた。その道が開通して迂回すようになればこの橋はだれも通らなくなる。。このままの形で沈むのだろうか?などいろいろ考えてしまった。

_DSC4865

_DSC4886

_DSC4874
スポンサーサイト

先日も行ってきたんです。

先日、母親を連れてドライブがてらその後の設楽ダム建設予定地に出かけてきました。

やはりお気に入りの八橋地区の八橋小学校(以前撮った時のもの)は跡形もなく消えていた。何とも切ないだだっ広い空き地が出現していた。
この近くにこの小学校の以前の学校があったそうだ。その校庭にある枝垂れ桜を見に行ったがやはり全く咲いていないようだ。後でわかったがこの地区の方たちが集まり今月三日にその桜を囲んで花見があったらしい。残念ながらかなり忙しい時期だったので断念したがNHKも取材に来ていたらしい。13日早朝NHKのおはよう日本で放送されるようだが、愛知県だけなのか全国版なのか全くわからない。一応録画しておいた。
_SDI3353

_SDI3348

_SDI3362

IMGP1280

消えていく廃校

先日撮影してきた取り壊す寸前の小学校。
古いものだから何時かは壊されてなくなる時が来るのはやむおえないことだろう
でもとてもやるせない気持ちだった。賑やかに子供たちが走り回っていただろう学校、その学校が消えてしまう。
外様の僕が何も言えることではないことはよくわかっている。せめて記録にだけは残させていただきたい。
IMGP3034

_DSC2572

_SDI2906

_SDI2893

_SDI2890

IMGP3038

ゆっくりと進行している

設楽のダム建設は進捗状況がよくわからない。目に見えて違うのは工事現場が多いこと、湖に沈む地域の建物の撤去とそこに住んでいた方たちは新たな場所に移られているようだ。それぐらいしかわからない。。だから今後相当長い年月がかかるような気がしてきた。時々通って変化を見つけたいと思っている。記録し続けていくことによって見えてくるものもあるような気がする。わかる範囲でキャプションもつけることにした。

IMGP2971
豊川の脇の廃線跡の道路から上部に向かって伸びる簡易トロッコのようなもの設楽ダム調査と書いてあった。

IMGP2984
大名倉の集落へ続く道の途中巨大な採石場の跡があった。まさしく荒野の雰囲気だが残念ながらバリケードが張ってあった。

IMGP2991
やはり気になるのは長年ここで育ってきた木たちがとても気になってついカメラを向けてしまう。

IMGP3018

IMGP3021
ついに八橋小学校が壊されていく。。今回いつごろ壊されるのか調べてみたいと寄ったらこのような状況だった。
日曜日で工事は休みだったので気を付けて中に入り込んで写真を撮らせていただいた。立ち入り禁止の場所に入ることがいけないことは充分承知していたが回りを囲むシートも一切なく、窓枠扉が一切外してあったので中に入らせていただき写真を撮った。
関係者の方がこのブログを見ると怒られるかもしれない。苦
次回はその時の写真を。






設楽ダム 3

ダムの話から少しずれますが豊川のダム建設予定地に1929年から1968年まで豊川鉄道田口線というのが走っていたそうだ。
面影を探してきたが残念ながら駅舎などの姿は全くなく線路跡は生活道路として細々とつかわれているようだった。

ダムの巨大な壁ができるだろう位置から少し上流に終点の駅舎あとから下流へ向かいました。

IMGP2939

IMGP2950

IMGP2952

IMGP2966

すべて同じ構図になっちまったぜ(笑)